CATEGORY

軽量化

  • 2022年9月13日

Wärtsilä、アディティブ・マニュファクチャリング向けに産業用インペラーを最適化

Wärtsilä、アディティブ・マニュファクチャリング向けに産業用インペラーを最適化 Wärtsilä社のエンジニアは、遠心ポンプのインペラーをアディティブ・マニュファクチャリング用に再設計しました。最適化されたターボ機械コンポーネントは44%軽量化されただけでなく、自動設計プロセスで生成されたため、カスタマイズも可能になりました。 Alkaios Bournias Varotsis Septem […]

  • 2022年9月1日

3Dプリンティングが可能にする革新的な熱管理ソリューションとは?

3Dプリンティングが可能にする革新的な熱管理ソリューションとは? 電気部品を使用した製品を設計する場合、効果的な熱管理は非常に重要です。3Dプリンティングによって、よりコンパクトで効率的な熱交換器を作成することで、熱管理の取り組みを次のレベルに進める方法をご覧ください。 nTopology September 1, 2022 アディティブ・マニュファクチャリングが熱管理に与える影響 熱交換器設計に […]

  • 2020年5月28日

軽量化の追求:今後の自動車設計

軽量化の追求:今後の自動車設計 自動車の設計では、軽量化が最優先事項です。 これは、スチールをアルミニウムに置き換えたり、後部座席を間引いたりするようなことだけを言っているのではありません。 Jonathan HarrisMay 28, 2020 • 6 min read 自動車の軽量化によって、0-60mph加速能力や最高速度に関してよりもはるかに深いレベルの価値を生み出しています。A地点からB […]

  • 2019年10月18日

軽量化のための5つのテクニック:より少ないリソースでより多くのことを

軽量化のための5つのテクニック:より少ないリソースでより多くのことを より速い車、より安い航空旅行、または単純に自転車のグループライドで次回自慢できるよう、誰もがもっと軽い部品を欲しがっています。ただ、現在利用可能な材料、加工、および設計ツールの無限の組み合わせのなかで、どこから始めるべきかを知るのは難しいことですね。ここに部品を軽量化するための5つのテクニックのリストを載せましょう。