CATEGORY

アディティブ・マニュファクチャリング

  • 2022年6月1日

nTopologyの新しいラティス技術のご紹介

nTopologyの新しいラティス技術のご紹介 nTopologyの第3世代ラティス・テクノロジーのリリースを発表できることを嬉しく思います。最先端の高度なラティス生成ツールです。 Alkaios Bournias VarotsisJune 1, 2022 アディティブ・マニュファクチャリング分野に関わりのある方なら、nTopologyのラティス生成機能が業界最高クラスであることをご存知でしょう。 […]

  • 2022年2月24日

スマートエンジニアリング設計による軽量化の用途

スマートエンジニアリング設計による軽量化の用途 軽量化技術は、性能の向上、エネルギー効率の向上、製造コストの削減、環境に優しい製品の実現につながります。この記事では、自動車、航空宇宙、重機、医療、スポーツ用品などの業界における軽量化アプリケーションの事例を紹介します。 nTopologyFebruary 24, 2022 自動車における軽量化 航空宇宙における軽量化 重工業における軽量化 医療機器 […]

  • 2020年5月26日

自動車でのイノベーションを、軽量化技術と銅材料によってどのように促進できるか

自動車でのイノベーションを、軽量化技術と銅材料によってどのように促進できるか 自動車業界がAMテクノロジーを使用してイノベーションを実現する方法 第2回。 Fabian GruppMay 26, 2020 先週の記事「ヨーロッパのグリーンディール:革新への圧力」では、EUのグリーンディールとElon Musk氏等による業界の創造的破壊によって、自動車業界が競争に勝ち抜くためにどのように革新をしつつ […]

  • 2020年4月9日

【ゲストブログ】Impressio:効果的なツールボックスの開発

【ゲストブログ】Impressio:効果的なツールボックスの開発 NFLヘルメットチャレンジDfAM eSeries ゲストブログ第4回。1960年代からほとんど変わっていないアメリカンフットボール用ヘルメットを、Impressioは今、変えようとしています。その中で、どのようにnTop Platformを活用したか。Rich Wojcik氏による投稿です。

  • 2020年4月9日

【ゲストブログ】Formlabsのエラストマー素材を活用してラティス応答のライブラリを作成する

【ゲストブログ】Formlabsのエラストマー素材を活用してラティス応答のライブラリを作成する NFLヘルメットチャレンジDfAM eSeries ゲストブログ第5回。nTopologyのワークフローを利用してFormlabsプリンターでラティスを作成することで、コンセプトから製品へとプロジェクトを進めることができるでしょう。FormlabsのJessica Bergau氏による投稿です。

  • 2020年4月6日

【ゲストブログ】耐衝撃性を持つ生体構造

【ゲストブログ】耐衝撃性を持つ生体構造 NFLヘルメットチャレンジDfAM eSeries ゲストブログ第3回。生物学的構造は、最先端の人工的材料の耐衝撃性を大幅に上回ることがよくあります。このような複雑な構造を、どのようにモデリングに落とし込むか。Matt Shomper氏による投稿です。

  • 2019年7月25日

生物学的に関連のある医療用インプラントのためのラティス構造の設計

生物学的に関連のある医療用インプラントのためのラティス構造の設計 nTop Platformのようなソフトウェアソリューションにより、エンジニアは生物学的に適切でオッセオインテグレーションに最適化された医療用インプラントを設計することができます。 Matt ShomperJuly 25, 2019 • 5 min read 整形外科のインプラントコミュニティでは、自社の技術が骨の内植を促進する(ま […]

  • 2019年3月21日

nTopology Platformによる積層造形

nTop Platformは、アディティブマニュファクチャリングのための設計(DfAM)ワークフローを統合し、且つ、画期的な新製品を生み出すための繰り返し設計検討の障壁となっている固有の問題を取り除くことによって、企業がアディティブマニュファクチャリングで製品製造することを助けます。