CATEGORY

アディティブ・マニュファクチャリング

  • 2022年11月10日

メッシュを作らずにインプリシットからプリントへ

メッシュを作らずにインプリシットからプリントへ アディティブ・マニュファクチャリングにより、増大している製品要件に対応した次世代熱交換器の設計を行うことができます。この記事で技術の進歩に伴い、レガシーシステムの限界はますます明らかになっています。設計の複雑化に伴い、多くのアディティブ・マニュファクチャリング(AM)ワークフローにおける最も弱いリンクは、システム間で設計データを転送するために使用され […]

  • 2022年9月13日

Wärtsilä、アディティブ・マニュファクチャリング向けに産業用インペラーを最適化

Wärtsilä、アディティブ・マニュファクチャリング向けに産業用インペラーを最適化 Wärtsilä社のエンジニアは、遠心ポンプのインペラーをアディティブ・マニュファクチャリング用に再設計しました。最適化されたターボ機械コンポーネントは44%軽量化されただけでなく、自動設計プロセスで生成されたため、カスタマイズも可能になりました。 Alkaios Bournias Varotsis Septem […]

  • 2022年9月1日

3Dプリンティングが可能にする革新的な熱管理ソリューションとは?

3Dプリンティングが可能にする革新的な熱管理ソリューションとは? 電気部品を使用した製品を設計する場合、効果的な熱管理は非常に重要です。3Dプリンティングによって、よりコンパクトで効率的な熱交換器を作成することで、熱管理の取り組みを次のレベルに進める方法をご覧ください。 nTopology September 1, 2022 アディティブ・マニュファクチャリングが熱管理に与える影響 熱交換器設計に […]

  • 2022年8月18日

アディティブ・マニュファクチャリングによる熱交換器設計

アディティブ・マニュファクチャリングによる熱交換器設計 アディティブ・マニュファクチャリングにより、増大している製品要件に対応した次世代熱交換器の設計を行うことができます。この記事では、知っておくべき工学設計の手法とその始め方についてご案内します。 nTopologyAugust 18, 2022 熱伝達用のアディティブ・マニュファクチャリング 熱交換器設計の基礎 熱交換器設計の目標 製造プロセス […]

  • 2022年6月1日

nTopologyの新しいラティス技術のご紹介

nTopologyの新しいラティス技術のご紹介 nTopologyの第3世代ラティス・テクノロジーのリリースを発表できることを嬉しく思います。最先端の高度なラティス生成ツールです。 Alkaios Bournias VarotsisJune 1, 2022 アディティブ・マニュファクチャリング分野に関わりのある方なら、nTopologyのラティス生成機能が業界最高クラスであることをご存知でしょう。 […]

  • 2022年2月24日

スマートエンジニアリング設計による軽量化の用途

スマートエンジニアリング設計による軽量化の用途 軽量化技術は、性能の向上、エネルギー効率の向上、製造コストの削減、環境に優しい製品の実現につながります。この記事では、自動車、航空宇宙、重機、医療、スポーツ用品などの業界における軽量化アプリケーションの事例を紹介します。 nTopologyFebruary 24, 2022 自動車における軽量化 航空宇宙における軽量化 重工業における軽量化 医療機器 […]

  • 2020年5月26日

自動車でのイノベーションを、軽量化技術と銅材料によってどのように促進できるか

自動車でのイノベーションを、軽量化技術と銅材料によってどのように促進できるか 自動車業界がAMテクノロジーを使用してイノベーションを実現する方法 第2回。 Fabian GruppMay 26, 2020 先週の記事「ヨーロッパのグリーンディール:革新への圧力」では、EUのグリーンディールとElon Musk氏等による業界の創造的破壊によって、自動車業界が競争に勝ち抜くためにどのように革新をしつつ […]

  • 2020年4月9日

【ゲストブログ】Impressio:効果的なツールボックスの開発

【ゲストブログ】Impressio:効果的なツールボックスの開発 NFLヘルメットチャレンジDfAM eSeries ゲストブログ第4回。1960年代からほとんど変わっていないアメリカンフットボール用ヘルメットを、Impressioは今、変えようとしています。その中で、どのようにnTop Platformを活用したか。Rich Wojcik氏による投稿です。