CATEGORY

ラティス

  • 2022年6月1日

nTopologyの新しいラティス技術のご紹介

nTopologyの新しいラティス技術のご紹介 nTopologyの第3世代ラティス・テクノロジーのリリースを発表できることを嬉しく思います。最先端の高度なラティス生成ツールです。 Alkaios Bournias VarotsisJune 1, 2022 アディティブ・マニュファクチャリング分野に関わりのある方なら、nTopologyのラティス生成機能が業界最高クラスであることをご存知でしょう。 […]

  • 2022年2月24日

スマートエンジニアリング設計による軽量化の用途

スマートエンジニアリング設計による軽量化の用途 軽量化技術は、性能の向上、エネルギー効率の向上、製造コストの削減、環境に優しい製品の実現につながります。この記事では、自動車、航空宇宙、重機、医療、スポーツ用品などの業界における軽量化アプリケーションの事例を紹介します。 nTopologyFebruary 24, 2022 自動車における軽量化 航空宇宙における軽量化 重工業における軽量化 医療機器 […]

  • 2020年4月9日

【ゲストブログ】Impressio:効果的なツールボックスの開発

【ゲストブログ】Impressio:効果的なツールボックスの開発 NFLヘルメットチャレンジDfAM eSeries ゲストブログ第4回。1960年代からほとんど変わっていないアメリカンフットボール用ヘルメットを、Impressioは今、変えようとしています。その中で、どのようにnTop Platformを活用したか。Rich Wojcik氏による投稿です。

  • 2020年4月9日

【ゲストブログ】Formlabsのエラストマー素材を活用してラティス応答のライブラリを作成する

【ゲストブログ】Formlabsのエラストマー素材を活用してラティス応答のライブラリを作成する NFLヘルメットチャレンジDfAM eSeries ゲストブログ第5回。nTopologyのワークフローを利用してFormlabsプリンターでラティスを作成することで、コンセプトから製品へとプロジェクトを進めることができるでしょう。FormlabsのJessica Bergau氏による投稿です。

  • 2019年10月18日

軽量化のための5つのテクニック:より少ないリソースでより多くのことを

軽量化のための5つのテクニック:より少ないリソースでより多くのことを より速い車、より安い航空旅行、または単純に自転車のグループライドで次回自慢できるよう、誰もがもっと軽い部品を欲しがっています。ただ、現在利用可能な材料、加工、および設計ツールの無限の組み合わせのなかで、どこから始めるべきかを知るのは難しいことですね。ここに部品を軽量化するための5つのテクニックのリストを載せましょう。

  • 2019年7月25日

生物学的に関連のある医療用インプラントのためのラティス構造の設計

生物学的に関連のある医療用インプラントのためのラティス構造の設計 nTop Platformのようなソフトウェアソリューションにより、エンジニアは生物学的に適切でオッセオインテグレーションに最適化された医療用インプラントを設計することができます。 Matt ShomperJuly 25, 2019 • 5 min read 整形外科のインプラントコミュニティでは、自社の技術が骨の内植を促進する(ま […]

  • 2019年4月18日

nTopプラットフォームによるコンピューテショナル・モデリング

nTopプラットフォームによるコンピューテショナル・モデリング nTop Platformでは、3Dモデリング、シミュレーション、および製造プロセスをひとつのコンピューテショナル・モデリング環境に統合しました。この環境は、固有のビジュアルプログラミングインターフェイスで管理でき、モデリングから製造までのプロセスにおけるあらゆる局面をインテリジェントに自動化できます。 これにより、ユーザーはベストプ […]

  • 2019年3月26日

nTopologyのブロックシステムにより、積層造形のメリットを活かしたデザインを実現

nTopologyのブロックシステムにより、積層造形のメリットを活かしたデザインを実現 nTopology Platformでは、ユーザーが定義したすべてのプロセスパラメータは、ネスト化されたオブジェクトとして明示されます。それらをユーザー間で公開再利用したり、オブジェクトを再結合しながらより広く応用、共有することが可能です。 すなわち、ユーザー固有の 知識を保持したり、あるプロジェクトから別のプ […]